生きるためのヨガ

650 Sanae @SMY

私は見た目は活動的で運動が得意なように振舞っていました。

でも本当は中学の後半から20代の中半までは、とても太っていて、結構怠惰な人間です。
1日中、テレビや映画をみてゴロゴロもできるし、自分のベッドをオフィスにしたりベッドで食事もしたりしてました。

ただ好奇心が強いのでいろんなことを試してみたいという気持ちがいつもあって(今もあります)、
ヨガは試してみたい事の中に入っていました。
1981年、まだ私が大学時代、初めてヨガをその時このサンタモニカ近辺ではひとつだけあったヨガ・スタジオのハリマン・スタジオでトライしてみました。

 

650 Yoga Quote

試してみて感じたのはヨガは今まで試したいろんなスポーツとは全然違っていました。試した後、何かが私の中で変わりました。体を伸ばしてストレッチしてくれるだけではなく、体と精神が軽くなったような感じがしました。その時はわからなかったので、何故ヨガが好きになったかハッキリしたものはありませんでした。
ナチュラルハイとは言いたくないのですが、ヨガの後はとにかく気持ちがフワッとして健やかな気持ちになることはわかり, ヨガを習うと事を楽しみました。

でもハリマンスタジオにはあまり長く通いませんでした。
スタジオが暗いイメージ(私は午後のクラスしか行ったことがなかったので、朝のクラスは違っていたかもしれません)でカーペットの臭いと日本の線香とは違う香の臭いがきつかった事。
そして来ている人たちが自分とは全然違っていて、また先生の言っていることもあまりわからなかったので、自分には合わないと思ってしまったのです。

 

その後、ヨガをまたしてみたいという気持ちはずっと残っていて、他のヨガ・スタジオのことを調べたりしました(あの頃、Goggleがあれば便利だった…笑)。
自分が住んでいる、サンタモニカ近辺には何もありませんでした。
1987年、新しいヨガ・スタジオ「ヨガワークス」がサンタモニカに出来ました。
自然の明るい光と木の床のスタジオはすぐ私のお気に入りになりました。
ヨガは私の肉体だけではなく精神も心もサポートしてくれました。
その頃丁度、一番初めの夫との別居生活、父の病気と死、そして犬家族のクロちゃんの天命とチャレンジが続いていましたが、ヨガクラスには続けて定期的に通っていました。
今、考えるとヨガをしていなかったらどうやってあの時期を乗り越えられたかわかりません。
あまり深く考えないでただヨガクラスに通ってとにかくヨガの練習をすることに集中していました。

1992年になって自分の体がだるく、そして微熱が続くようになりました。
大好きなヨガもあまり出来なくなって、翌年に卵巣ガンだと診断されました。
ショックで何も考えられなくなりました。
養生をしながら自分がガンで亡くなった父親と同じようにガンになったことを初めは恨んだり、情けなくなり、自分を責めたりもしました。どうしたらいいかまったくわかりませんでしたが、自分がガンになったことを責めるのではなく素直に病気になった自分を認めてあげられるようになって間もなく、マクロビオティックという食養があることを知りました。そしてその後は、ヨガは忘れていませんでしたが、マクロビオティックを学んで自分を癒すことに専念しました。

 

650 Lotus Flower ©

1994年の夏、マサチューセッツ州のマクロビオティックのカンフェレンスに参加した時にマクロビオティックを学んだヨガ・インストクターのクラスがあることを知ってそのクラスに参加してみて、自分が食事だけでなくヨガを必要としていると教えられました。サンタモニカに戻って来てからまたヨガワークスに通い始めました。
そしていろんなヨガにワークショップに参加しました。ヨガがまた私の生活に加わりそしてマクロビオティックと一緒に生きていくための私のツールになりました。

 

2001年、私はマクロビオティックを初めて7年以上が過ぎて、精神的にも、肉体的にもとてもいい位置にいたと思います。ステジオMugenというマクロビオティック料理のコミュニティースタジを設立しました。
そして同じ時期、 マクロビオティックのカウンセラーになる為の久司道夫先生のクラスをマサチューセッツ州のベケットにまた行って勉強することにしました 。

クラスを習得した後、臨死体験をするような酷い交通事故にアリゾナの砂漠であい、愛犬3匹のうち2匹を亡くしました。私は3日間昏睡状態になり、その間心臓が12分止まったと聞きました。
心臓と肺は事故の怪我で機会なしでは機能不可の状態。左側のあばら骨は全て骨折。膝と足首の骨は両足全部複雑骨折。左の足首は切断する必要があるとも言われました。
ドクターは、残念だがきっと私は2度と歩けないだろうと言った。ショックで私は何故自分が生き延びたかを恨みました。また生きていきたいと感じるようになるにはとてつもない時間、日々、月々、年数を過ぎ越さないといけませんでした。ひどい落ち込みと希望喪失から救ってくれたのはその頃、親友だったエリック(現在の夫)、一緒に生き延びた動物家族のゴールデン・レトリーバーのキンちゃんとネコのまいちゃん、友人たちと私のことを祈って下さったたくさんの方々、そして日本の家族です。みなさんには感謝の気持ちでいっぱいです。

 

650 Sanae in wheelchair with Kin, Kula and Dore

車椅子に乗っていた頃の私とキンちゃん(右)とキンちゃんの娘(ルミちゃん左とクラちゃん右)

 

寝たきりのおまる生活から車椅子生活をできるようになるのは時間がかかりましたが、2003年に車椅子でも行けるヨガクラスを見つけました。サンタモニカにある身体障害用のバンで通えることも調べてわかり、またヨガを始めました。このヨガに通うことがきっかけで歩けるようになる希望がわいてきました。そして1年後の2004年、エリックとの結婚式のバージンロードを必ず歩くとゴールを立てました。今、考えるとこんなにいろいろ調べて前向きだった自分がちょっと信じられないのですが、初めに書いたように私は好奇心が強い人間だということが私を救ってきているようです。2004年の6月20日の結婚式に私はゴールを達成して弟に助けられながら杖(ドレスの一部としてサテンのリボンで飾った)を使い歩きました。

 

ガンを治す為に始めたマクロビオティックも私がまた歩行できるようになる為に健康な身体を作ってくれましたが、ヨガはまた歩けるようになるための 筋肉などをつけて、スムーズに動ける助けと 足や腰の痛みを和らげ精神的にもリッラクスしてくれて、眠れるようになったことは確かです。

 

650 with Nancy and Kyra

ナンシー先生(左)とキラ先生(右)。

 

長い回り道でしたが、昨年の60歳の還暦を迎えた後、ヨガ・インストラクターの資格をとるコースに参加することに決めました。入念に1年計画作りをして自分にあったヨガ・スタジオとヨガ講師を見つける事が重要だとわかり、いろいろ調べて(今回はGoglleのお世話になりました…笑)自分の家の一番近くにあったサンタモニカ・ヨガ・スタジオが今の自分には無理なく歩くか自転車で通えて、とてもいい先生もいるとわかりました。 身体障害者ようの特別クラスではなく、サンタモニカ・ヨガスタジオの普通のヨガ・クラスに定期的に通うようにしました。でも、初めはヨガ・インストラクターのコースを無理なく受けて最後まで終了できるか心配でした。でもいつもの好奇心が心配する気持ちより多くてとにかくやってみる事にしました。

 

650 Graduation potluck party

テストが終わってお祝いのパーティー。

 

650 SMY TT

ヨガ・インストラクター、トレーニングコースのクラスメイトと先生と。

 

1年間、定期的にヨガの練習に行って、ヨガ・インストラクターのコースにも出席したおかげで、あの交通事故してから一番肉体的に成長した年でした。車椅子生活をするような大怪我をした後もヨガを諦めないでヨガを続けてきて本当に良かった!ヨガが毎日の私の励みになって、ヨガは私にとって生きるためのものだとわかったのです。生きるためのヨガをこれからも続けていきたいと思います。

 

650 with Nancy and Jamie

ジェイミー先生(左)とナンシー先生(右)

無事ヨガ・インストラクターの資格コースを習得してテストにも合格して、この9月1日(木)からコミュニティー・クラスを教えます。時間は午後12時15分〜1時15分。次のクラスは9月22日(木)時間は午後12時15分〜1時15分。その後は10月2日(日)時間は午後2時半から3時45分。場所は全てサンタモニカヨガスタジオで教えます。料金はスタジオにスペース使用料として一人$5。住所は1640 Ocean Park Blvd. Santa Monica 90405 電話310-396-4040

ぜひ、みなさんに来ていただきたいです。

 

愛を込めて

草千💖

 

 

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>