ナチュラル動物ケアー*ズームクラス*ヘルシーハッピープーチ

HHP & food

小さい頃からいろんな事に興味を持っていて一人でいる時はいつも動物、植物、自然と繋がっているのを感じてた。
歳をとるごとに興味や情熱は変わっていろいろ試してみたけど、動物、植物、自然への愛と繋がりは変わらないでいる。

過去30年くらい多頭の犬ネコ家族と一緒に生活をしている。
1993年に卵巣ガンをホリスティック療法とマクロビオティック食養でセルフヒーリングして運強く回復した後は犬ネコたちは私の子供代りになった。

今のところ15匹の犬たちと6匹のネコたちと3匹のサービスドッグを育てる事ができ、私の生きがいは犬ネコ家族と一緒に健康で幸せなライフを過ごす事だと思う。

ホリスティック療法とマクロビオティック食養で卵巣ガンから回復した頃、年長の犬サクラちゃん12歳が関節炎と皮膚炎で苦しんでいた。もう歩けなくなっていて皮膚炎で体臭も酷かった、獣医さんからの薬では治らなくて副作用で下痢と便秘と吐き気もあった。サクラちゃんが少しでも良くなるように動物のナチュラル栄養学クラスを受けて自分でレシピを作ってサクラちゃんにナチュラルドッグフードを作り始めた。

少し時間はかかったけどサクラちゃんは元気になって、また歩けるようになって皮膚もきれいになり体臭も臭く無くなった。
1年後にはまた一緒に短い距離のハイキングにも行けるようになってサクラちゃんは16歳まで生きて安らかに眠っている時に天命した。

サクラちゃんは手作りドッグフードが犬にとって大切で効果があると私に教えてくれた。その後、他の犬ネコ家族にも同じように手作りフードを作ってあげてうちの犬ネコ家族は1995年から手作りフードをずっと食べています。

オーガニックでマクロビオティック食(犬たちはみんなビーガンでネコたちはお魚入り)を食べています。

犬たちは12~16歳まで生きて自然死。

ネコのキーチェーンは20歳、マイちゃんは19歳まで生きて自然死。

歳を老いてから健康状態が低下してからはホリスティック療法とホメオパシー薬とナチュラルレメディーをまず適用して大体の症状は良くなり、手作りフードを癒し食にもしてあげています。

その他、アニマルコミュニケーションで会話して動物霊気、動物マッサージとビワの葉の温灸などの自然療法をしてあげます。

動物レスキューグループの動物にもボランティアでヒーリング法を提供してます。

今週末8月2日(日)にナチュラルアニマルケアー、ヘルシーハッピープーチズームクラスをします。このクラスはヘルシーハッピープーチの本からの手作りドッグフードとおやつの作り方をデモしてアニマルコミュニケーション、動物霊気などの自然療法のお話をします。

英語ですがYouTubeでこのクラスは見れます。

 

レシピ:手作りドッグフード(成犬1歳以降)

このレシピは20年以上私が使っているもので、私の愛犬それぞれの体重の3%基準を基にしています。あなたの愛犬の食事量を決定する際にはホリスティック獣医師に御相談ください。

体重約14㎏の犬用レシピ例
一食分の朝食または夕食の分量
(体重の3%基準での一食の最大分量は約400g、1.75カップ分です。一食分の分量は一日に必要な分量の1/2の量と考えましょう。)

3/4カップの有機豆を柔らかくなるまで調理あるいはピューレ状にしたもの(必要に応じて:移行期間中、1/2の有機の生あるいは調理した牛ひき肉または子羊肉)
1/2カップの有機玄米を柔らかくなるまで調理したもの
1/8カップの有機の生の人参、山芋、サツマイモあるいは冬カボチャを細かくザク切りしたもの
1/8カップの有機の生の葉物野菜(ケール、コラードまたはタンポポ)を細かく刻んだもの
小さじ1/8のケルプ粉末
小さじ1/2の有機乾燥アルファルファ葉
小さじ1.75(9g)のベジドッグ(ビーガン犬用のサプリメント)
250~750㎎のビタミンC粉末(正確な分量はホリスティック獣医師に要相談)
大さじ1.5の乾燥椎茸を細かくしたもの(必要に応じて)
1/4カップのぬるめの野菜スープまたは味噌汁または純水(必要に応じて食べ物を湿らせる用)
小さじ1/4の有機亜麻仁油または小さじ1/2の有機亜麻仁料理(必要に応じて)
小さじ1/4の有機ヘンプ油または小さじ1/2の有機ヘンプ料理(必要に応じて)

米国学術研究会議と全米飼料検査官協会の必要栄養量を満たすためのサプリメント:
小さじ1/2のニュートリショナルイースト(乾燥酵母)(必要に応じて)
125mgのコリン(必要に応じて)
250㎎のL-メチオニン(必要に応じて)

 

Dog cookies

写真: 手作りさつま芋クッキー

 

レシピ:さつま芋 クッキー

このクッキーは簡単に作れ、とっても美味しいです。愛犬たちと一緒に食べるのが好きです。

70枚分(5.7cm X 2.5cmサイズのクッキーカッターを使用)

1個の有機サツマイモ(340g)

1/4カップの有機リンゴソース(砂糖不使用)

2.5カップの有機全粒小麦粉

1.オーブンを176℃に温めておく。

2.サツマイモの皮を剥き、1.2cmの大きさにスライスし、15~20分蒸す。

3.フォークか潰し器で潰し、大きなボールに移す。

4.大きなボールに全粒小麦粉とリンゴソースを入れ混ぜ、サツマイモを加え、生地が出来上がるまで混ぜる。粉を充分にまぶした表面に生地を置き、約1.2cmの厚さになるまで丸める。クッキーカッターかナイフを使い正方形に整形し、油を敷いていないベーキングシートにクッキーを並べる。

5.パリパリになるまで35~45分焼く。取り出すまで10分間そのまま冷やし、金網で完全に冷めるまで冷ます。

 

レシピ:チアシード プリン

水に浸していないチアシードは乾燥して硬いですが、液体を加えると柔らかくなり、お菓子としても、HHP手作り料理に加えても食べられるようになります。

大さじ2分

大さじ2のチアシード

1カップの純水あるいは1/2カップの純水と1/2カップのリンゴジュース

1.ボール内に液体とチアシードを加え、フォークか泡立て器で混ぜる。

2.数分後、ゲル状になったシードを再度混ぜ、シードがボール底にくっついて沈まないようにする。

3.10~15分間そのままにしておき、シードに液体を吸わせる。大さじ2のチアシードに1カップの液体を加えるとプリンができる。

4.スプーンですくい、犬に舐めさせるか、食事に加える。

❤️ Sanae

You May Also Like

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>